うさぎちゃんの備忘録

鳴き声は「知念くん」

グラスホッパーと山田くん。

念願の『グラスホッパー』をやっと見ることができた。多くのキャストが山田さんの演技を絶賛していたし、流れてくるTwitterの感想はどれも“山田君凄い!!”で埋め尽くされていたから見るのが楽しみで仕方なかった。グラスホッパーは山田さんにとって初めて撮った映画というのもあって彼がどんな“蝉*1”を魅せてくれるのかワクワクしていた。

 

実際に見ての印象は“山田さん凄い…凄すぎる!!

 

語彙力のなさ丸出しだが結論これに尽きる。周りがあれほどまでに絶賛する意味がやっと理解できた。想像していた山田さんの凄さを遥かに超えてきたのだ。グラスホッパーの中で見る山田さんは確かに山田涼介なはずなのに私の目には完全に“蝉”にしか見えなくて、グロテスクなものは私自身凄く苦手なはずなのに気づいたら見入ってしまった。

 

山田さんの演技は本当に惹きつける力があるなぁといつも感動する。私は映画評論家でもなんでもないけれど演じていたのが山田さんだから感動するんじゃないかなと思う。演技が好きだと語る彼の演技は見れば見るほど引き込まれるし彼だからこそ出せる役の魅力は壮大なもので、きっと彼にしか出せない味だと思う。

 

先端恐怖症なのに手のひらを広げた所にナイフを高速で突き刺し、それをまさかのCGを使わずに5本の間に突き刺し繰り返す。金田一少年の収録中にもナイフ捌きの練習をしたり…彼のストイックさは並大抵の心の持ちようじゃきっと出来ないことだし、仕事熱心で誰よりもまじめで努力家な彼だからこそできる事だ。いただきハイジャンプ*2で彼が先端恐怖症だと知ったあとにナイフ捌きのシーンが多くあることを知ってからそのシーンをスクリーンで見れることを一番と言っていい程楽しみにしてた。実際に見て彼のナイフ捌きには圧巻された。先端恐怖症にはこれっぽっちも見えない!!!私自身も先端恐怖症なので自分に置き換えてあのシーンを想像したが考えただけで厳しかった…(実際刃先を向けられたら戦わずして真っ先に逃げるよ…猛ダッシュだよ…)

 

普段は愛でいっぱいな山田くんがスクリーンでは闇と哀愁に包まれてて、蝉演じる山田さんとにこにこ笑顔の天使な山田くんが同一人物だなんて信じられない!彼の潜在能力はまだまだ沢山存在するような気がしてやっぱりエース山田涼介は凄いなぁと感慨深い思いだった。日を重ねれば重ねるほどに増え続ける彼の魅力は計り知れないね。今日の山田さんが一番凄い!と思っていても明日の山田さんはもっともっと凄いんだもの。

 

誰より努力家で自分にとことんストイックで容姿端麗な上に沢山の愛で包まれた山田さん。やっぱりエースだね!絶対エースだ!!“JUMPをモンスターグループにしたい!”と語っていたけれどモンスターグループへの道のりを突っ走る先頭はいつも山田さんだね。山田さんのひっぱるHey!Say!JUMPが私は大好きです。いつまでもJUMPのセンターで、絶対的エースで居てほしい。エースが背負う重荷は私には理解しきれない程の圧があると思うけれど今まで数えきれない程の辛さを乗り越えてきた山田さんだからこそ放つことの出来る輝きがあると思う。彼だからこそ乗り越えられた壁。彼だからこそついていく仲間とファン。山田涼介が山田涼介であることに感謝です!

 

これからも彼の潜在能力を引っ張り出してくれる方と彼が沢山巡りあえますように!!沢山の苦しみを経験した彼にこれ以上の悲しみが降り注ぎませんように。そして彼を包み込む環境がどこよりも温かくて沢山の愛でいっぱいでありますように。

 

素敵な作品をまた一つ残してくれてありがとうございます!

*1:グラスホッパーでの山田君演じる役名

*2:Hey!Say!JUMPの冠番組