うさぎちゃんの備忘録

鳴き声は「知念くん」

1年に一度の魔法“特別な日”

私にとって“特別な人”のお誕生日。

尊敬する人であり、一番に想う人であり、大切な人。いろんな意味を込めて“特別な人”と記しました!

 

Twitterの140字という字数制限の中で私の持ち合わせてる語彙力では上手にまとめきれる自信がないのでブログというこの場所に記したいと思います!(ブログにしたところで上手にまとめられる自信もないのだけどね♡笑)

 

この記事は“未来の私がこのブログを読んで今の私の気持ちがここにあった事を思い返せるように”という単なる自己満な備忘録ですので悪しからず…

 

 

こうして「ああ、今年もこの日を迎えたんだ」と感じるのも今年で9回目。私にとって彼はいつも“心の支え”でした!振り返れば幸せだと感じる瞬間にはいつも彼がいたし、頑張ろうと思えた原動力も悲しくてどん底まで落ちたと感じる瞬間も背中を押してくれたのは彼だった。その笑顔が画面の先で見れるたびに幸せを感じて、日を重ねれば重ねるほど魅力が増えるその姿を見て私も頑張らなきゃ!と鼓舞激励されてきた。

 

私が生きてきた20年間のうち約半分近くその勇士に何度も助けられ、数えきれない幸福をいただいた。感謝してもしきれないなぁ。私の持ち合わせているボキャブラリーではなんだか薄っぺらく感じるけれど…うん、いいんだ!だって自己満だもん!!(特技は開き直り)(そうですポジティブです)

 

私は彼が舞台上で絢爛豪華に魅せる姿が大好きだ。誰よりも綺麗且つ聡明で品があるなかに凛々しさと力強さを兼ね備えていて気づいたら彼の姿しか追っていない。怖いね、恋って盲目だねぇ(こんな事を語ってる私が一番怖いねぇ…)ただ一瞬で見る人をくぎづけにしてしまう彼の魅力は本当に凄い。どこにいたって私には一番輝いて見える。まるで一等星のように

 

 

そんな彼の22歳のお誕生日…という事で!

知念くんのお言葉22個挙げましょう

のコーナー始まります!!いぇい!!

 

 

1.知念くんイズム

楽しいから笑うんじゃない 笑うから楽しいんだ

 

僕の辞書に「努力」の文字はない。努力して成功したより「夢中になって成功した」のほうが楽しいから僕は「夢中」って言葉を使う

 

僕自身がカッコイイと思える僕を作り出すには、自分に厳しくしないといけないけど、絶対出来る。だってほかの誰でもない僕自身に負けたくないからね

 

何か辛いことがあっても笑顔でいれば相手も楽しんでもらえるし、自分の気持ちを盛り上げることも出来るから。あとは意思。自分の思ったこと、信じたことを貫く意志の強さも必要。それがないと次へ進めないから!

 

実際、すごく現実主義者というか、夢見がちなタイプではない。夢や目標を定めるときも、自分が精一杯頑張れば届くところに設定して、夢を夢のままでは終わらせないタイプ

いつだって彼の言葉は力強い。芯が真っ直ぐに通っていてぶれないその強さに何度も鼓舞された。

 

2.泣き顔

今までメンバーに対して本気で怒ったり、自分が怒った姿を人に見せたことってほとんどない。悲しいとか寂しいって感情もあまり出さないかな。涙を見せるなんて絶対になし。恥ずかしいよ。きっと“負の感情”を人前で出したくないっていうのはもうポリシーかもね

 

人前では絶対に泣きたくない。泣き顔を見られたくないから。とにかく我慢

 

僕たちはいつも笑顔だよ。JUMPは皆に笑顔を与えられる存在でありたいから

24時間テレビで皆が涙する中で一人熱くなる目頭をぐっと堪えて我慢した姿。人前で泣きたくないという気持ちを貫く姿は実に彼らしくて立派で、誰よりも凛々しかった。やっぱり彼は強い。

 

3.“大野くん”

ずっと大野くんに近づきたくて、夢中でやってきたけど、実はまだ同じステージで歌ったことがないの。あのころ・・・嵐のコンサートに通ってたあのころから、僕の心は何も変わってないんだ。僕は、大野くんと同じステージに立ちたい

 

そんな事言ってもね知念くん忙しくないよ。あなたの方が忙しいって。嵐はもっと忙しいんだから。僕があーもうってなってたら嵐みたいにはなれません!どんなに忙しくても頑張ります!楽しかったらどんなに忙しくても気になんないと思うんでね

 

もしもHey! Say! JUMPが結成されていなかったら?う〜ん。あんまり想像つかないけどいつかデビューして嵐に出会える日を夢見て毎日コツコツ頑張ってるんじゃないかな

 

諦められなくて、デビュー後、大野くんに“バックやりたいです!”って言ったんです。そしたら“ダメだよ知念くんはデビューしてるし”って言われて。でもいつか、一緒に何かやりたいなって。田口くんと東山さんが舞台をやりましたよね。ああいうこと、いつか、ふたりでできたらなって思ってます

“大野君世界一です!”と言い続け“大野君と同じステージに立ちたい”と幼いころから願った彼の夢が着実に叶っている現実がまるで自分の事のように心から嬉しい!と思う。今じゃ第二の嵐と雑誌や新聞で称されるまでに至る。そこまで昇り詰めた彼が発する5つ目に挙げたお言葉は説得力の塊だなぁ。本当に現実と化してしまうのは彼が彼だからこそできることなんじゃないかな。凄い!やっぱり凄い!

 

4.“アイドル”

アイドルってやる気次第で何でも挑戦できる最高の職業だと思うんだ。だから大好き!歌って踊れて、笑顔がすてきで、お芝居もできちゃう。アイドルってこんなことができるんだっていう可能性を先輩たちが示してくれてるよね

 

アイドルという職業が好きだし、誇りに思ってる!ちっちゃい頃から目指してた道だから今みんなから“アイドル”と呼ばれることには誇りを持ってますよ

 

夢は生涯現役アイドル!60年後もコンサートで歌って踊ってファンのみんなと楽しい時間を過ごしたい

 

ハッキリ言って、僕は落ち込まないんです!その秘密はね、自分を思いっきり高ーーいところに置いちゃうの。なんかイヤーなことがあったとしても、“知念侑李だったら平気でしょ!?ま、僕くらいになればこれくらいね・・・”って(笑)知念侑李、は絶対へこまないキャラクターなの

 

今僕、最高の人生を送っていると思いますよ。小さい頃からやりたかったこと、好きなことを仕事にできているのは最高だなって思います。死ぬまでアイドルやっていきたいなって。そしたら、もう最高の人生です!

 

(ジャニーズやめたいと思ったことは?)ないです。僕にこれ以外、何があるんだって思ってます。ジャニーズ以外の生き方、考えたことないんで

私は彼が築き上げた“アイドルである彼”が好きだ。TVでも「24時間アイドルやってますから」とさらっと口にしてしまう彼が私たちに発信する姿は本当にいつも完璧なまでに“アイドル”なのだ。雑誌でメンバーが俳優業やバラエティーを極めたいと語る中で「僕はアイドルとしてこの道を極めたい」と自身が“アイドル”という肩書を掲げてることを常に心に置く姿を見て彼が“アイドル”として笑っている世界が最高に幸せだなぁと感じる。その世界はいつも輝いていて綺麗でどんな景色よりも美しいと思える。そんな場所に導いてくれるのも“アイドル知念侑李”なのだ。尊い…尊すぎる(号泣)遠くからでいいからずっと見ていたい。彼が作り出す“アイドル知念侑李”をずーっと。

 

5.“Hey!Say!JUMP”

グループの結束がまたそこでひとつ強くなって。やっぱファンの力ってすごいなって思いました。すごいパワーくれるなって。僕たちは、笑顔になって貰ったり、元気になって貰ったり、少しでもパワーをあげたいと思って舞台に立つんです。でも、気づけば僕たちが貰ってるパワーの方が大きいなって

 

辛かったこととか、僕は他のみんなに比べたらたいしたことないんですよね。運8割でここまできたというか。でも僕はみんなそれぞれ同じ回数だけ不安や苦悩や逆境って訪れると思ってて。JUMPにしても他のグループに比べて恵まれたというか、タイミングや運が良かった面がある。だからこれから乗り越えなきゃいけないことが、いっぱい現れるんだろうなって思うし、いつも挑戦者なんだって忘れないでいようと思いますね。僕たちだったら必ず乗り越えられるって信じてるんで

 

このメンバーなら、ときには意見がぶつかって喧嘩しても大丈夫だなって今は思えて。だって同じ景色を見て、何人かじゃない、全員で泣けちゃうような仲間なんだから

 

まだ誰も見たことない景色を9人とファンで見たいんで。Hey!Say!JUMPなら、そんな景色が見られると思ってるんで。誰も見たことない景色が。

彼がこのメンバーなら大丈夫と思える人達に囲まれている世界が幸せだなぁ。ご本人が温かいと感じれる仲間に囲まれていてよかった。そんな環境に彼がいることがとてつもなく嬉しい!数えきれない程元気やパワーを貰ってるのはこちら側なのに、“僕たちが貰ってるパワーの方が大きい”と感じて下さる。彼がそう思えるならいっくらだって念力のようにパワー送りますよ!!私の持ってるありったけのパワーよ、知念くんに届けーーー!!

 

 

 あっという間に書き終えた私の独断と偏見による名言集。偉大なる彼のお言葉22個はどれも読み返すたびに感慨深い。彼の残してくださるお言葉や発する言葉に何度も背中を押され一歩踏み出せたと感じて、救われたなぁと思ったのはきっと私だけじゃないはず。それは一番近くで見ているメンバーも多種多様な場面で述べている。

 

  • 山田涼介→今だから言える話なんだけど、実は俺、何年か前にちょっとツラいことがあって現場で泣いてしまったんだよ。その姿を見た知念が、俺の気持ちを察して何も言わずに隣で一緒に泣いてくれたんだよね。あれはどんな言葉よりも嬉しかったな

 

  • 八乙女光→俺とか薮は新しい曲の歌詞も書いてる。そういうのもコンサートで披露して行こうと思ってるからね。出来上がったらもちろんメンバーに聴かせるんだけど、そういうとき知念は「いいね。ヒカちゃんにしか書けないもんね、こういうの」とかってさりげなくうれしい言葉を言ってくれるわけ

 

  • 伊野尾慧→ライブのリハ中、知念が肩まだ痛いの?大丈夫?って心配してくれた。その優しい言葉にジーンとしたよ。ありがとう、知念!何も知らないのに肩が痛いの気づいてくれたんだって凄く感謝したんだ

 

  • 伊「ジャニーズワールドの最中、大学の卒論書いてるときに、知念は毎日“進んだ?”とか“今日もやるの?”とか“がんばってね”とか言ってくれてたの。毎日だよ?! すごく優しい」知「だってホントに大変だなぁって思ってたから。だって本番終わってからまた大学に戻って勉強続けてたんでしょ?」

 

  • 有岡大貴→テレビ番組の収録で抜けなきゃいけなかったりして、リハにも参加できないみたいな。すげー不安で不安で。ひとりで残ってリハしてたら、知念からメールが来て。”大ちゃんらしくやればいいよ。なんとかなる。大丈夫!”って。なんかその言葉ですごく安心できて。

 

  • 中島裕翔→空き時間は虫探ししてた。知念が付き合ってくれたんだ。知念虫嫌いなのに(笑)

 

  • (落ち込んだときにそばにいて欲しいメンバーは?)裕翔→知念。高校生のとき、ちょっと今日は疲れてるなって、休み時間机に突っ伏してたりすると、「ゆーてぃー、大丈夫?」って声をかけてくれるのはいつも知念だった。それをおせっかいと感じたことは一度もなかったし、それ以上踏み込んでくることもなかったからさ。「元気ないの、気がついてるからね」って、さりげなく意思表示だけしてくれるくらいがありがたいんだよね。

 

  • 裕「俺全部中途半端でうまくいかない」 知「僕はゆうてぃの届くところ届かないって感じだから〜」裕「?」知「でもゆうてぃの入れないところ僕は入れるみたいな(笑)」裕「え、なに。どういうこと?」知「誰かと比べることないよってこと!ゆうてぃにしか出来ないことをたくさんあるじゃん!!背高いし(笑)人それぞれだからね。大丈夫だよ」

 

先日手元に届いたJUMPartyでも彼の優しさが垣間見える瞬間があった。伊野尾さんがメンバーに「はい、テキトー」とあしらわれた直後隣で小さく「可哀想。泣かないで。大丈夫だよ」と声をかけたの私は見逃さなかったよ(号泣)!!!

 

周りの変化に逸早く気づいてあんな風に優しい声で励ますんだよ…優しさの塊でしかないよね(号泣)メンバー全員から、そして沢山の周りの人から愛されるのは彼のご人徳だね。実に素敵な人だ!!こんなに素敵な人を愛でることが出来る今にこの上ない幸せを日々噛みしめてます!私の好きな方はお顔立ちだけじゃなくて性格も声も歌い方や魅せ方、仕草だって…もう全部ぜーーーんぶかっこいいんだよ!!ってもうみんなに自慢したい!!声を大にして!!!

知念くんかっこいいよーーーーー!!!

想い人がこんなにも素敵な人だという事が私にとっては何よりも誇りで、彼を愛でることができる今が私にとってかけがえのない財産だなぁと思います。

 

 

人を見る眼の優しさ、出てくる言葉の温かさ、周りを和ませる笑顔の柔らかさ。無限に有する知念くんの財産。決して減らない彼の音楽。「どんなところが好きなの?」と聞かれる度に全部!と答えてしまうのは私の語彙力の無さもあるけれど彼の好きなところなんて無限に存在するから。彼の一つ一つ全てが好きなんだ。“貶し愛”という愛の形が存在するけれど私はきっとその形とは一生無縁な気がする。どんな知念くんも好きだから。容姿も性格も声も魅せ方も全部ひっくるめて、知念が知念くんだから好きです。

 

 

以前24時間テレビで“僕たちいつまでたってもサブキャラじゃん”とおっしゃってたけれど私にとってはいつだって知念くんがメインです!いつだって知念くんがNO.1(決め顔)だし世界一です!!何度も言うけれど私は大好きな知念くんが笑ってる世界が大好きだからこれから先も誰よりとびっきりの笑顔で居て欲しいと願う人は変わらないです。愛され知念くん。沢山の人からの愛でいーーーっぱいになって“ボクって愛されてるなぁ~♡”と思える世界がこれからずっと続いて欲しい。どこよりも温かい環境に包まれていて欲しい。自分の幸せよりも相手の幸せを願う事って、本当にあるんだね。

 

これからも皆から愛される“愛され知念くん”がずっと続いて欲しいし、いっぱいいーーっぱい、もうこれでもかーー!!ってぐらいの愛を注ぎたい。彼に訪れる悲しみや苦しみ、辛いことは全部私たちが跳ね除けたい。笑ってる知念くんの中に全部入ってるから。悲しみも傷ついたことも。それを超えて今知念くんが笑ってる。だからこれからもずっとずっと笑って居てほしいです。心からの笑顔でずっと!

 

だからこれからも私の“知念くんが笑ってればそれでいい”精神は継続されます!

 

 

素敵な景色を魅せてくれた21歳の知念くん。彼の貴重な21歳をこうしていちファンとして見届けることが出来てこの上なく幸せでした。彼の創る空間はいつだってどんな景色よりも綺麗で輝いていたし、ペンライトを握りしめてその景色の一つになれたことが凄く凄く嬉しかったです!沢山の笑顔を届けてくれてありがとう。忘れられない景色と思い出を私の中に刻んでくれて、どんな時も笑顔でいてくれて、こうして舞台に立ち続けてくれてありがとう。そして何より生まれてきてくれてありがとう。

 

 

22歳の知念くんも沢山の愛で愛でいっぱいになって毎日笑顔が絶えない日々になりますように。誰よりも笑って過ごせる日が多くありますように。22歳の貴方もこっそり遠くから見届けさせてください。これから先何十年と完璧なまでに“アイドル知念侑李”な貴方の未来を見ていたです。いつだって幸せを願ってます。今日という日が、素晴らしい日々の始まりとなりますように

 

 

知念侑李くん22歳のお誕生日おめでとうございます!!

素敵な素敵な22歳になりますように。

 

 

揺れる灯見つめ願うよ幸せでいるように

遠くから心から想っている

だから君が辛くなった時は今までの灯じゃないともしび君の元へ届けるから夢を願ってね